猫・犬用のフードクラッシャー|実際に使ってみた!

BLOG
愛猫がかつて体調を崩した時にお世話になったフードクラッシャー
実際に使用してみた時の感想をざっくりまとめてみました!
ペティオさんが販売してるやつだよね~。
全猫種・全犬種用ってのが助かるにゃ。

硬いカリカリはもちろん、錠剤や乾物・ささみなど様々なフードを細かくできる優れものです!
押すだけ簡単!

1 付属のカップにフードを入れる。今回は猫用のカリカリを10ℊ投入!
※取説によるとカップのメモリ容量は80ml。メモリ以上のフードは入れないように注意!

2 ポコポコ押す!押す回数によって細かさを調整できます。
※カップをセットしなくても、まな板の上にフードを置いて使用してもOK!(取説に記載あり)

 

カップは2個ついているので、複数のフードを粉砕したい時に便利ですね。

珈琲ミルを代用しても良いかもしれませんが専用のものが安心です♪
比較するとこんな感じ!

 

今回は猫用のカリカリをクラッシュしてみましたが、フードによって仕上がりは異なります。
50回以上クラッシュすると、ふりかけ状になってくるので、ぬるま湯を混ぜてペーストを作る事もできます。

アタシは30回のが一番良かったにゃー!
お手入れもカンタン♪

1 本体カバーと刃物保護カバーを外します。粉が散らばるのでシンク内でやると◎!

 

2 1で外したカバーと刃物を流水洗浄する。刃物部分は柔らかいスポンジやブラシを使うと◎
食洗器やアルコール・漂白剤は使用不可!

フードは変えずに形状を変えたい時に◎

まだ1歳に満たない頃、愛猫の食欲がなくなってしまった事がありました。(今は元気です^^)
うんちもゆるくて血が混ざる事もあったので、フードが原因になっている可能性もありました。

でも、それまで問題なく食べていたのに、突然別のメーカーに変えることはどうしても避けたかったのです。
それが原因でさらに体調を崩す事も十分に考えられたからです。

結果的にフードの問題ではなく、腹部のリンパ節に腫れが見つかった事が原因でした。
深刻な症状だったので、このまま悪化する可能性も考えられましたが、奇跡的に回復し今ではすっかり元気です。

フードは変えずに、形状だけを変えたかったので
こちらの商品はとても助かりました!
まとめ

今はクラッシャーの出番が減ってしまい、食器棚の奥にしまってありますが
こうして一緒に歳を重ねていくうちに(飼い主夫婦40代・猫3歳)、もしかしたらまた必要になることがあるかもしれません。
その時まで、大切にしまっておこうと思います。

\ご飯くれーぃ/

タイトルとURLをコピーしました